広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「東池袋大勝軒」の「チャーシューメン」を作ってみました。

東池袋大勝軒」と言えば元祖つけ麺の「もりそば」が有名ですが、個人的には大勝軒の「中華そば」も大好きです。

何故か全商品3食入りしか無いので、「チャーシュメン」x3食+替玉1食にしました。

 

 

 

 

東池袋大勝軒」のお土産ラーメンの説明書き。

スープの湯煎時間は15〜20分、麺の茹で時間は4〜5分と一般のラーメンより長めです。

 

 

 

 

裏面にはより詳細なイラスト入りの説明が有ります。

麺は「もりそば」も「中華そば」も同じ麺の様ですが、茹で時間が違う様です。

 

 

 

 

まずはスープバックを湯煎します。

通常のお土産ラーメンに比べてスープバックがかなり大きいです。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

3食分+替玉1食分の4玉ですが、なんだかもの凄い量の様な気が…

 

 

 

 

4つに分けてみてビックリでしたが、スープの量も多ければチャーシューの量も尋常で無い位多く、4玉分の麺に至っては多分1人分が250g(茹で前)位有ります😳

メッチャ大盛りになってしまいました…😱
しかもチャーシューは1枚が丼の半分位の大きさで、2枚も載せれば麺が見えない程。
3食分なのに、1食分でそのデカいチャーシューが4枚入っているので、4人で分けても1食当たり3枚で、十分過ぎる程です。

 

 

 

 

まずはスープから。

じんわりと旨いスープは、正に「ノスラー」そのものの味です。
とても懐かしくて、且つ優しい味です。

 

 

 

 

中太ストレートの麺。

かんすい少なめなのか色が白くて、ちょっとモチっとした食感の麺は「中華そば」でも「もりそば」でも同じなのだそうです。

大勝軒の麺は基本的にこの麺で、「東池袋大勝軒」だけでなく「十二社大勝軒」(現在は閉店)でも同じ麺でした。

優しい味のスープに良く合う、癖の無い麺です。

 

 

 

 

大きなチャーシュー。

1枚で丼半分程の大きさな上、厚さも有ります。
脂身の少ないロース肉の煮豚系チャーシューですが、適度に肉感が有って適度に味の染みたチャーシューです。

 

 

 

 

柔らかいメンマ。

適度な食感で、麺との食感の差が味わえて、箸休めに最適です。

 

 

 

 

途中、ブラックペッパーで味変してみました。

醤油味のスープはブラックペッパーが良く合います。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

和風出汁に漬けて作っているので、醤油味スープには良く合います。
黄身がトロトロの半熟に仕上がりました。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

醤油味のスープは豚骨・鶏ガラ・魚介出汁の旨味が有って、優しい味です。
物凄く旨いと言う訳では有りませんが、毎日食べても飽きの来ない味だと思います。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

東池袋大勝軒」の「チャーシューメン」でしたが、とても優しい味で、懐かしい感じのスープと、モチっとした中太麺がとても良く合っています。

大きなチャーシューがたっぷり入っていて、麺も1人前240g(茹で前)とボリューム満点です。

3食分に替玉1食分を足しましたが、あまりの麺量に食べきれないかと思いました。

チャーシューの量も1枚で丼半分程の大きさのチャーシューが1人前で4枚も有り、不満は全く有りません。

たっぷり食べたい人にはピッタリの一杯です。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:つけ麺 | 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅