広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は8月限定の「冷やしシークワーサーらーめん」を食べに、小田急相模原の「石山商店」さんに行って来ました。

先月末に7月の限定「冷やし中華」を食べに来て以来、1ヶ月ぶりの訪問です。

 

 

 

 

Twitterの告知。

そろそろ終了という事で、終了する前に行って来ました。

 

 

 

 

お店の前の掲示板にも、今月の限定品として「冷やしシークワーサーらーめん」が貼られています。

冷やしらーめんにシークワーサーの組み合わせは興味津々です。

 

 

 

 

券売機の上の写真も「限定」の所に「冷やしシークワーサーらーめん」が有ります。

なかなかの評判の様なので、楽しみです。

 

 

 

 

まずは入口右手の券売機で食券…

と、こちらはPayPayに対応しているので、PayPayで「限定メニュー」¥850を前払いしました。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「冷やしシークワーサーらーめん」が着丼。

「石山商店」さんらしい、綺麗なビジュアルです。

 

 

 

 

まずはスープから。

思ったよりもかなりシークワーサーが効いています。
冷たいスープはかなりの酸味ですが甘みは有りません。

 

 

 

 

麺は細麺ストレート。

かなり歯応えの有る麺で、ザクザク感が有ります。
酸味の強い醤油味スープととても良くマッチしており、甘く無い冷やし中華を食べている様な感じです。

 

 

 

 

鶏胸肉の細切り。

冷やし中華の具材の様な感じです。
酸味の強い醤油味スープに良く合います。

 

 

 

 

刻んだ大葉(紫蘇)。

緑の色合いで彩りを添え、シークワーサーのスープに紫蘇の風味が合いそうです。

 

 

 

 

ミョウガ。

「そうめん」の薬味としても使われるミョウガ。
シークワーサーのスープにも良く合います。

 

 

 

 

具材や薬味のミョウガや大葉(紫蘇)と一緒に麺を頂きます。

酸味が有るので冷やし中華っぽくも有り、しかし甘みは無く、薬味の風味は「そうめん」を彷彿とさせます。

細くてコシの強い麺も、硬めの「そうめん」っぽい感じです。

 

 

 

 

ミョウガと紫蘇の風味が、シークワーサーのスープが絡んだ麺ととても良くあいます。

冷やしラーメン+シークワーサーの組み合わせは、冷やしラーメンと冷やし中華が合わさった様な感じですが、独自の味を生み出した様です。

 

 

 

 

ナッツも入っています。

担々麺には良く載っていますが、冷やしラーメンと冷やし中華のハイブリッドの様なこのラーメンに、ナッツと言うのは面白い組み合わせです。

食べる前は合わないのでは無いかと危惧しましたが、実際に食べてみると、ナッツの香ばしい風味や食感が硬めの麺と合っていて、思いの外しっくり来ます。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

シークワーサーの酸味と醤油ダレ、スープの旨味が合わさり、何とも言えない不思議な味です。

強いて言うなら、「冷やしラーメンと冷やし中華のハイブリッド」と言う表現が一番近い気がします。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「石山商店」さんの8月限定「冷やしシークワーサーらーめん」でしたが、シークワーサーの酸味が効いた、「冷やしラーメンと冷やし中華のハイブリッド」的な味わいの一杯でした。

スープもさる事ながら、鶏胸肉の細切りやミョウガ、大葉(紫蘇)、紫玉ねぎ、ナッツなどの具材と薬味が絶妙で、爽やかさと風味が涼しげな印象を与えてくれる一杯でした。

組み合わせた細麺ストレートも、いつもの中細縮れ麺より加水率低めで、水で締めてあるせいかかなりのコシと歯応えで、冷たいスープの「冷やしシークワーサーらーめん」にとても良く合っています。

これは冷やしラーメンとも冷やし中華とも違う、新たなジャンルを切り開いた一杯かも知れません。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 小田急相模原駅