広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は久しぶりにレギュラーメニューの「背脂煮干」と「和え玉」が食べたくなったので、「肉煮干し中華そば 鈴木ラーメン店」に行って来ました。

開店直後に通り掛かったら、平日なのに15人位並んでいてビックリしました。

 

 

 

 

そう言えば今年も「牡蠣そば」が販売されると言う告知がTwitterで出ていました。

昨年も大人気だった「牡蠣そば」、今年も大人気らしいです。

 

 

 

 

1時間程用事を済ませてからお店に向かうと、外待ち1名になっていました。
まずは券売機で値段を確認して、PayPayで支払います。

「背脂煮干」¥780と「和え玉(ハーフ)」¥150合わせて¥930を支払いました。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「背脂煮干」が着丼。

個人的に大好きなラーメンの1つです。

 

 

 

 

まずはスープから。

カエシの改良以来、旨さを増したスープ。
背脂でマイルドになったこの味がツボです。

 

 

 

 

自家製麺の平打ち太麺。

この平打ち麺は加水率低めでコシと歯応えは有ったものの、モチモチ食感ではなかったのですが、今日の麺はモチモチです。

この麺で「ニボMAX」を食べてみたいです。

 

 

 

 

肩ロースチャーシュー。

スープに良く合う味付けのチャーシュー。
柔らかいながらも適度に肉感が有って、美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

沢山載っているメンマ。

このメンマ、ツマミにも良いです。

 

 

 

 

バラ海苔。

海苔の風味が濃いバラ海苔です。

 

 

 

 

スープに浸して、麺と一緒に頂きます。

バラ海苔の風味が煮干しの効いたスープに良く合います。

 

 

 

 

メンマと麺を絡めて頂きます。

スズラーのメンマは細めのメンマなので、麺と一緒に食べ易く、味もスープに合わせて有るので、とても相性が良いです。

 

 

 

 

半熟味玉。

スズラーの半熟味玉は茹で加減が絶妙で、いつ食べても黄身がトロトロの半熟です。

味付けもスープに合わせた味付けで、個人的には味玉の中で1・2を争う旨さです。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

カエシの改良以来、スープは格段に旨くなりましたが、この「背脂煮干」がそれを最も味わえる一杯なのではないかと思います。

 

 

 

 

続いて「和え玉(1.5玉)」が到着。

この「和え玉」、自家製麺のスズラーの麺を味わうには最も適しています。
個人的にはご飯ものより、この「和え玉」をオススメします。

 

 

 

 

まずは底に入っているタレと、解しチャーシュー、刻み玉ねぎ、魚粉を良く混ぜます。

「和え玉」はそのままでも、スープに浸してつけ麺の様にしても美味しいです。

 

 

 

 

まずはそのまま頂きます。

生姜が香るタレと解しチャーシュー、そして魚粉が絶妙な加減で、スズラー自慢の自家製麺の旨さを一番良く味わえます。

 

 

 

 

続いてスープに浸して頂きます。

味の付いている「和え玉」ですが、スープに浸すと良い具合にタレが洗い流されるのか、丁度良い味になります。

「背脂煮干」は平打ち太麺ですが、和え玉を頼むと中細麺なので、また違った味と食感が楽しめます。

 

 

 

 

解しチャーシューと玉ねぎをたっぷり絡めて頂きます。

タレと解しチャーシュー、そして玉ねぎの甘みが絶妙で、麺の旨さを味わえます。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

スープの旨さ、そして太麺の食感と具材のバランスの良さも有り、個人的にはスズラーのメニューの中で最も好きな「背脂煮干」。

そして自家製麺の麺の旨さを最も味わえる「和え玉」。

この2つの組み合わせが私に取って至高です。

スープ、麺、具材の全てが見事に調和していて、至福の時間でした。

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 相模大野駅