広告

スポンサーリンク


どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は2021年9月22オープンの、海老名の「豚らーめん ミドリカワ」さんに行って来ました。

前回はオープン3日後の2021年9月25日に伺って、「濃厚らーめん」¥900+「生たまご」¥60を食べました。

 

 

 

 

“まんえん防止等重点措置”中の為、営業時間が昼の部11:30〜15:00、夜の部が17:00〜20:00になっています。

“お土産ラーメン”も始まった様です。

 

 

 

 

入口に張り紙が有りました。

本日2人営業で案内や提供に時間が掛かる可能性が有るとの事。

この日は平日の昼だったので行列は無く、直ぐに店内に案内されました。

 

 

 

 

まずは入口左手の券売機で食券を購入します。

「汁無しそば(ミニ)」¥880にしました。

食券を店員さんに渡し、お好みを聞かれたので「ニンニク・アブラ」でお願いしました。

 

 

 

 

入口左手のカウンターの一番奥の席に案内されました。

この席は左側に出っ張りが有って、若干狭いです。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「汁無しそば(ミニ)」が着丼。

生たまご付きです。

味付きアブラが豪快に載っています。

 

 

 

 

とりあえず、混ぜる前に麺を頂きます。

「汁無し」と言いつつ結構な量のスープが入っていて、味付きアブラと合わせてとても美味しいです。

心の味食品製の麺も実に良い味と食感で、とても美味しいです。

 

 

 

 

生たまごに浸して頂きます。

かなりしっかりとした味のスープなので、生たまごを潜らせてマイルドになってもとても美味しいです。

生たまごのコクも、極太の麺に良く合っています。

 

 

 

 

分厚くて大きなチャーシュー。

大きさもさる事ながら、味も食感も素晴らしい逸品です。
豚らーめん ミドリカワ」さんのラーメンの旨さの大きな要素です。

 

 

 

 

チャーシューを生たまごに潜らせてみます。

味がマイルドになると共にコクが加わって、とても美味しいです。

 

 

 

 

しっかりと混ぜてから、ヤサイを絡めて麺を頂きます。

タレとニンニクが絡んだ麺とヤサイがとても美味しいです。

 

 

 

 

混ぜた後の麺を生たまごに潜らせて頂きます。

やはりニンニクが良く混ざって、そのコクと旨味が加わっているのでとても美味しいです。

 

 

 

 

たっぷり載った背脂も絡めて頂きます。

タレとニンニク、背脂がコクと旨さを出してくれて美味しいです。

 

 

 

 

たっぷりの野菜と麺を生たまごに潜らせます。

前回は「濃厚ラーメン」+「生たまご」を食べましたが、汁無しにも関わらず味は良く似ていて、しっかり「雷」系の味でした。

スープが多くても少なくても、味が大きく変わらない様にしているのは凄いと思いました。

 

 

 

 

二郎インスパイア系や二郎系のお店には、生たまごが有る店が多いですが、お店によってタレやカエシを加えていたり、そのままだったりして、色々個性が有ります。

豚らーめん ミドリカワ」さんは”そのまま”タイプですが、ベースのスープがちょっと濃いめになっているので、生たまごでマイルドになり、コクも加わってとても美味しいです。

 

 

 

 

たっぷり入ったヤサイや麺をレンゲで頂きます。

底のスープはニンニクや背脂が加わって旨みとコクが有り、麺やヤサイが美味しく頂けます。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

豚らーめん ミドリカワ」さんの「汁無し(ミニ)」でしたが、汁無しにも関わらずスープの有るラーメンと変わらない旨さに驚きました。

全体としての味のバランスが見事で、「汁無し」に有り勝ちな物足りなさが全く無く、積極的に選びたくなる一杯です。

「汁無し」は最初から「生たまご」を前提とした味になっており、「生たまご」に浸す事で味が成立する様に作られています。

その完成度は非常に高いです。

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング


関連ランキング:ラーメン | 海老名駅