広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は久しぶりに「油そば」が食べたくなったので、「東京油組総本店 町田組」に行って来ました。

前回訪問は2020年9月初旬に行ったので、約4ヶ月ぶりの訪問です。

 

 

 

 

まずは入口左手の券売機で食券を購入します。

「油そば並盛」¥780+「柚子こしょう」¥0を購入しました。
「柚子こしょう」は口頭で店員さんに言っても出して貰えます。

 

 

 

 

こちらもCovid-19対策でパーティションが設置されました。

席数を変えずにパーティションを設置しているので、窮屈感は否めません。
蒙古タンメン中本」も席数を変えずにパーティションを設置していますが、やっぱり窮屈な感じがします。

男性に多い、肘を横に広げる人が横に座ると90%以上の確率で肘をぶつけられるので、不快な事この上無いです。

 

 

 

 

手作り感の有るパーティション。

2人以上のグループの場合はパーティションを外す対応もしてくれます。

 

 

 

 

待つ事7〜8分で、「油そば」並盛りが着丼。

相変わらず見た目はちょっと寂しいです(笑)

 

 

 

 

まずはお酢とラー油を3〜6周掛けます。

説明では並盛り2周、大盛り3周、W盛り4周と書いてありますが、個人的には倍位掛けてます。

 

 

 

 

そして卓上の刻み玉ねぎをたっぷり載せます。

玉ねぎの甘みの有る辛味が、油そばには非常に良く合います。

 

 

 

 

良く混ぜてから頂きます。

底に有る特製のタレが全体に絡む様に、満遍なく混ぜます。

 

 

 

 

個人的に一番好きなのは、メンマや短冊切りのチャーシューに柚子胡椒を載せて、麺と一緒に頂く事です。

特製のタレにモチモチの特製麺、それに柚子胡椒を加えるととても美味しいです。

ちなみにCovid-19以前は卓上に有った「辛味調味料」は「柚子胡椒」と同様に店員さんに言えば出て来る様に変わった様です。

 

 

 

 

チャーシューに柚子胡椒を載せて、麺と一緒に頂きます。

チャーシューと柚子胡椒の相性は抜群で、モチモチの麺と食べるととても美味しいです。

「東京油組総本店」の「油そば」でしたが、見た目はちょっと寂しいですが、特製タレと特製の麺の旨さは特筆モノです。

また具材の短冊切りチャーシューとメンマも美味しくて、これに柚子胡椒さえ有れば並盛りはおろか大盛りやW盛りでも食べられる位です。

スープが無くて、タレと油と麺、それにメンマとチャーシュー、刻み海苔、ネギしか載っていない「油そば」。
しかし、これが定期的に食べたくなる味なのです。

スープが無いので、カロリーも2/3、塩分は1/2と言うヘルシーさも魅力です。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:油そば | 町田駅