広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

今日は久しぶりに、町田の「雷文」に行って来ました。

昔は良くお店の前に大行列が出来ていましたが、今は平日であればそれ程並ばなくても食べられます。

 

 

 

 

Covid-19禍で、営業時間は平日11:00〜14:00、日祝が11:00〜15:00との事。

月曜日と第二火曜日が定休日です。

 

 

 

 

入口の横にアルコールスプレーが有り、マスクの注意も書いてあります。

ここで手指消毒を行ってから入店します。

 

 

 

 

今日は宇都宮節子店主がいらっしゃいました。

「アルコール消毒はお済みですか?」との問いには「やりました」と答えて入店しました。

こちらは注文制なので、メニューを見て注文します。
一番人気の「肉玉ラーメン」¥950にしようか迷いましたが、折角なので「ワンタン麺」(醤油)¥1,000にしました。

ランチタイムは煮物と漬物が付いた「ごはんセット」も有りますが、やめておきました。

 

 

 

 

待つ事10分程で、「ワンタン麺」(醤油)が着丼。

魚介の風味が食欲をそそります。

 

 

 

 

まずはスープから。

今から20〜30年程前に初めて伺った時は、その重層的なスープに驚愕した記憶が有ります。

今や動物系+魚介系のWスープは極当たり前ですが、あの当時しっかりとした動物系スープに煮干しや昆布、ホタテなどの魚介出汁を合わせたスープは非常に珍しかったです。

今でもそのレベルは一級品で、かなりの種類の魚介出汁を合わせて魚介出汁が立っているのに、しっかりと動物系の旨味が有り、優しい醤油ダレとのマッチングも素晴らしく、いくらでも飲めるスープです。

 

 

 

 

麺は中細縮れ麺。

昔は「ラーメン」と言えば殆どはこの中細縮れ麺でした。
中西食品」製の麺はジャストな茹で加減で、中華麺らしいかんすいの香りとツルツルした食感が特徴です。

 

 

 

 

大きめのロースチャーシュー。

厚さも5mm位有り、満足感が高いです。
柔らかく煮られていますが、ちゃんと肉感も有り、優しい味のスープに合わせた味付けになっています。

 

 

 

 

小ぶりなワンタン。

モッチリとした皮に餡が詰まっていて、美味しいワンタンです。
このワンタンが5個位載っています。

 

 

 

メンマ。

柔らかく煮られたメンマは、オーソドックスなタイプですが、スープ同様に優しい味に仕上げられています。

 

 

 

 

メンマと麺を一緒に頂きます。

柔らかいメンマとコシと歯応えの有る麺の食感の違いと、味の重なりがとても美味しいです。

 

 

 

 

ワンタン麺は塩か醤油かとても迷いましたが、定番の醤油にして正解でした。

どちらも捨て難いのですが、醤油の風味がこのワンタンには合っている気がします。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

優しい味のスープは、醤油ダレと動物系のスープ、魚介出汁、乾物系の出汁が調和して多層的な旨味になっており、やはり此処にしか無い味です。

 

 

 

 

と言う訳で、完飲&完食です。

やはりこのスープは旨いです。

「雷文」の「ワンタン麺」でしたが、滋味深い多層的な旨味を持つスープは今も色褪せない味でした。

今となっては多層的な味を持つスープは珍しく有りませんが、この何とも言えない滋味深い優しい味は、唯一無二のものです。

宇都宮節子店主は、今は基本的に接客担当で厨房には立って居ませんが、その味はしっかりと受け継がれている様です。

 

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング



関連ランキング:ラーメン | 玉川学園前駅