広告

スポンサーリンク



どうも、Mormorです!

 

今日は通販で取り寄せた、「AFURI」の「柚子露つけ麺」を作ってみました。

AFURIは以前、横浜駅の相鉄ローゼン地下2階の店舗に行った事があります。

 

 

 

 

作り方説明書。

この「柚子露つけ麺」は、麺もスープも冷たい状態で食べる、お蕎麦の「もり」や「ざる」の様なタイプです。

 

 

 

 

3食セットになっています。

スープx3、麺x3、角煮x3、メンマx3、刻み海苔x3、かやく(フライドガーリック、唐辛子、胡麻)x1、柚子果汁x1が入っています。

 

 

 

 

スープは湯煎では無く、流水解凍します。

10分程水に晒しておけば、大体溶けます。
常に水を流しておかなくても、1〜2回水を入れ替えればOKです。
柚子果汁も忘れずに解凍しましょう。

 

 

 

 

具材を湯煎します。

角煮とメンマを沸騰したお湯で3分湯煎します。

 

 

 

 

解凍した具材、自分で用意した具材を皿に乗せて準備しておきます。

九条ネギと自作半熟味玉を別途用意しました。

 

 

 

 

麺の茹で時間は3分半〜4分半。

今回は4分茹でました。

 

 

 

 

茹で上がった麺を水で締めて丼に入れ、スープを小丼に注いでかやくと柚子果汁を入れて、具材を載せれば出来上がりです。

ちなみに今回は3人前を4人で分け、子供達は辛いの&柚子が苦手なので、子供用はかやくも柚子果汁も入れませんでした。

こう言う時にかやくと柚子果汁が別になっていると助かります。

 

 

 

 

全粒粉入り「真空手もみ麺」

真空ミキサーで練り上げ、手揉みした麺だそうです。
ツルモチ食感で、小麦の味が濃厚な麺です。

麺を味わう「つけ麺」にはピッタリの麺です。

 

 

 

 

スープに浸します。

酸味の有る甘塩っぱいスープは、香ばしい醤油味と鶏の出汁、そして魚介が見事にバランスしています。

柚子の香りと唐辛子のピリ辛も加わって、とても美味しいです。
冷やし中華的な要素と、ざるそば的な要素が有って、その両方の良い部分を合わせた様な感じです。

 

 

 

 

角煮。

しっかり肉感が有って、スープとの相性も良好な角煮。
肉と脂のバランスが良く、とても美味しい角煮です。

 

 

 

 

細いメンマ。

サクサク食感で、麺や角煮との食感の違いを楽しめます。
味付けも適度で、スープの味を邪魔しない味になっています。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

和風なスープにピッタリの和風出汁で仕上げた味玉。
黄身がトロトロで、マイルドな味になっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「AFURI」の「柚子露つけ麺」ですが、期待に違わず、いや期待を大きく上回って旨い一杯でした。

麺もスープも冷たいタイプのつけ麺と言えば、最近食べた「えびくらぶ」の「冷やし豚しゃぶつけ麺」も激ウマでしたが、このスープはそれを上回る位のインパクトでした。

鶏と魚介の旨味に加え、黒酢と黒蜜による甘酸っぱい味に醤油の香ばしさが加わり、そこに爽やかな柚子の果汁とピリ辛の唐辛子とフライドガーリック、胡麻のかやくで見事なコンビネーションです。

ここ暫くは「つけ麺」と言えば、太麺に濃厚豚骨魚介スープと言うスタイルがトレンドでしたが、ここに来て麺もスープも冷たいサッパリ系の「冷やし中華」と「ざるそば」のイイトコ取りの様なタイプが出て来た感じでしょうか?

大勝軒系の、酸味と甘みが有る醤油味清湯スープとも違う、第3のつけ麺の様な気がします。

個人的には、こう言うタイプのつけ麺は大好きです。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 恵比寿駅代官山駅