広告

スポンサーリンク



どうも、Mormor(もるもる)です!

 

今日は先日通販で取り寄せた、「尾道ラーメン喰海」の「尾道ラーメン」を作ってみました。

2019年の「大つけ麺博」で、「2種のチャーシューと大判イカ天入り 尾道ラーメン」を食べて以来2回目です。

 

 

 

 

パッケージの内訳。

スープ、麺、具材、説明書が入っています。

 

 

 

 

まずはスープと具材の湯煎から。

具材は約3分、スープは約10分との事です。

 

 

 

 

具材は3分で引き上げ、スープは更に7分湯煎します。

初め具入りかと思いましたが、白っぽいのは大き目の背脂でした。

 

 

 

 

続いて麺を茹でます。

麺の茹で時間は3分〜3分半との事で、3分茹でてみました。

 

 

 

 

スープを丼に注ぎ、湯切りした麺を入れ、具材を載せて完成です。

今回は付属のチャーシューとメンマの他に、刻みネギ、九条ネギ、スライス玉ねぎ、海苔、自作半熟味玉を載せました。

 

 

 

 

まずはスープから。

鶏ガラと豚骨のスープに瀬戸内産いりこを合わせたWスープに、大きめの背脂が浮いているのが特徴です。

優しい醤油味にいりこの風味と、背脂のコクと甘みの有るスープです。

 

 

 

 

大きめの背脂。

これのお陰で、スープに甘みとコクが加わっています。

 

 

 

 

麺は中細のストレート麺。

製麺所は不明ですが、

尾道では珍しい細麺

との事で、尾道のラーメンには珍しいのだそうです。
3分茹でだと比較的柔らかめに感じる麺ですが、スープの味と良く合っています。

 

 

 

炙り焼きチャーシュー。

2019年の「大つけ麺博」で食べた時は肩ロースとバラの2種類が載っていましたが、いずれも炙り焼きではありませんでした。

炙って焦げ目のついたチャーシューは香ばしく、美味しいチャーシューです。

 

 

 

 

メンマ。

オーソドックスなメンマですが、スープの味に合わせた優しい味のメンマです。

 

 

 

 

海苔。

これは別途用意したものですが、醤油味スープに海苔は良く合います。

 

 

 

 

スープに浸して麺を包んで頂きます。

海苔の風味とスープのいりこが良く合っていて、美味しいです。

 

 

 

 

自作の半熟味玉。

黄身がトロトロの半熟で、醤油味スープに合っています。

 

 

 

 

麺と具を食べ終えて、スープを味わいます。

やはり背脂がポイントなのか、鶏ガラやいりこのスープがコクと甘みで厚みのある味になっています。

 

 

 

 

と言う訳で、完食。

「尾道ラーメン喰海」の「尾道ラーメン」でしたが、やはり鶏ガラといりこのスープに豚の背脂と言うのがポイントで、同じ背脂の浮いた醤油味の長岡ラーメンとも一味違うスープです。

同じ背脂でも細かい背脂では無く大きめの背脂なので、その差かもしれませんが、脂の甘みがより感じられる味になっている様に感じます。

その割にクドさが無いと言うのも特徴で、サッパリ系が好きな方にも問題なく食べられる味になっています。

Covid-19が収束したら、ぜひ食べに行きたいと思います。

 

 

 

こちらも是非参考下さい!→「お家で食べよう!:お取り寄せラーメン一覧

 

 

 

広告

スポンサーリンク


 

 

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


ラーメンランキング

関連ランキング:ラーメン | 尾道駅